収入証明不要で即日融資

「今日中にお金を借りたい!」でも収入証明書を用意するのは今日中には無理、そんな悩みを抱えている方もおられると思います。

 

しかし、即日融資で借りるために、収入証明書は必ず用意する必要があるのでしょうか?

 

収入証明書類とは

キャッシングの申込で必ず用意しなければならないのが、本人確認書類です。
本人確認書類は運転免許証の他、健康保険証、パスポートなどを持っていれば申込が可能です。

 

収入証明書類とは、年収を確認するための書類で、キャッシング会社によって多少の違いがありますが、基本的には毎月の給料や賞与をどれくらいもらっているのかがわかる書類の事で、給与明細書、源泉徴収票、納税証明書などが収入証明書類になります。

 

収入証明書類が必要になるのは、借入希望額によって提出を求められるので、必ず必要な書類ではありません。

 

消費者金融で借りる場合

収入証明書類を提出しなければならない条件は、すべて同じです。

 

どこの消費者金融へ申し込んでも、借入希望額が50万円を超える場合、または既に他社に借り入れがあり、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合のどちらかに該当する場合、必ず収入証明書を提出する必要があります。

 

消費者金融は総量規制の対象になるのでこの法律を守らなければなりません。
ですから、収入証明書の提出は貸金業者各社、すべて同じなのです。

 

銀行カードローンの場合

銀行カードローンは、銀行が個人に対して行っている使用目的は何に使っても良いというローンの事です。大手銀行から信用金庫まで、今ならどの銀行でもカードローンを取り扱っています。

 

では、銀行カードローンで即日融資を受ける場合、収入証明書の提出は消費者金融のように決まっているのでしょうか。

 

銀行カードローンは、収入証明書の提出が必要になる場合は銀行によって違います。

なぜなら、銀行を規制する法律は銀行法になりますが、この法律には総量規制というルールがありません。ですから、各銀行で違った条件を用意することが可能です。

 

例えば、オリックス銀行カードローンは300万円〜、東京三菱UFJ銀行(バンクイック)は 200万円〜、楽天銀行カードローンは300万円〜となっているので、即日融資で借りたい時は、収入証明不要で申し込める銀行カードローンを選ぶのがポイントです。