即日融資のメリットデメリット

キャッシングはうまく使えば便利なシステムです。
お金を借りたい時は、申込をすればその日に借りられる即日融資があり、その利便性はキャッシングにおいてなくてはならないものとなっています。

 

ただ、即日融資にもメリット・デメリットがあります。
メリットはいくら多くても問題ありませんが、特に気になるのはデメリットです。
即日融資のメリット・デメリットを理解して安全なキャッシングを始めましょう。

 

即日融資のメリット

即日融資の最大のメリットは審査が早いことです。
大手消費者金融や銀既往カードローンの一部でも即日融資を実施しています。

 

多くの会社はインターネットパソコンやスマホを使い、インターネットで申込みをすれば、最短30分で審査回答を得ることができます。その後、必要書類をメールやスマホアプリで送れば、審査手続きは完了し、契約が終われば、指定口座への振込みで融資を受けることができます。

 

いったん契約が完了すれば、その後は限度額内で自由に借入ができますし、大手消費者金融なら即日振込が当たり前になっています。

 

もう一つのメリットは書類が少ないことです。
キャッシングを申込む場合、限度額にもよりますが、50万円以下の場合必要書類は免許証やパスポートなどがあれば申込が可能です。

 

即日融資を受けるためには本人確認書類があれば、申込出来るので手間がかかりません。

 

即日融資のデメリット

即日融資は大手消費者金融のお家芸のようなサービスです。
ただ、消費者金融なので金利が少し高めになります

 

たとえば銀行カードローンの平均金利が14%から15%というのに対して、消費者金融の金利は18%近くになります。数字だけ見ると大差ないように思えますが、借入額が増えれば支払う利息も多くなります。金利は低いにこしたことはありません。

 

即日融資で借りる時は、金利は高めでも早期返済が可能なら、それほど問題はありません。

 

利息以外に、多くの人が陥ってしまうトラブルは借り過ぎてしまう事です。
審査が緩く、手軽に借り入れができるので、慣れてくると、まるで自分の預金を引き出すかのように借入をしてしまう人がいます。

 

気が付けば返済が出来ないくらい借りてしまっていたという事がありますので、借入の際には必ずきちんと返済計画を立て、借り過ぎないように注意しましょう。